禁煙者と喫煙者の買取り額の違い

車の売却。
これをする際に買取り額に大きな影響を与える部分に禁煙者と喫煙者どちらが乗っているかということが挙げられています。

 

 

中古車販売サイト等を見ていても、最近は「喫煙車両」「禁煙車両」というようなタブがわかりやすい位置に掲載されていて、禁煙車両のほうが若干高めに設定されています。

 

 

禁煙者と喫煙者の買取り額の違いというものは、こういった中古車販売サイトを見ていてもわかることでしょう。
では、売る側からすると、禁煙車と喫煙者の買取り額の違いというものがどの程度のあるのか。

 

 

これが気になると思いますから参考程度に情報を記載しておきます。
まず、この買取り額の差というものはかなり幅があり、10万円のマイナス査定が出ることもあれば、1万円程度のマイナス査定である場合とさまざまです。

 

 

内部のフィルターがタバコで少し汚れているだけという程度でしたら、喫煙者が乗っていたとしても少額のマイナス査定でしょうが、車内の内装にタバコのヤニがこびりついているというような場合には10万円のマイナス査定ということもあるそうです。

 

 

上記を見てもわかるように、実際に査定してもらう時は、きちんと内装の掃除ということをヤニまで含めて行うことが必要です。
基本的に内部フィルターは個人ではどうすることもできませんから諦めましょう。