走行距離が多いと車は売れないのか?

中古車販売店にて査定をしてもらう時に年式が古いと値段が低くなってしまったり、場合によっては金額が付かなかったことがあることはお分かりだとは思いますが、年式が極端に古くなくても多少の値段は付くだろうとお考えの方は、走行距離が多いと年式が古いのと同じくらいに低くなってしまうことがあります

 

 

走行距離が多いとそれだけ車を乗り回しており車全体に負担が掛っていますので、
その分パーツが破損しやすくなってしまいます。

 

車にも寿命がありますので多く運転する機会があればあるほど短くなってしまい、走行距離が多い中古車ですと少しの運転でも修理する可能性もありますので、当然のように販売しても次の買い手が見つからず買い取るにも高い金額を出すことができないのが現状です。

 

走行距離の目安としては5万キロくらいでそれより低ければプラスの査定が付きますが、人気がある車種によってはもう少し走行距離があっても交渉次第ではマイナス査定付かないこともあります

 

ただ例外として人気が高い高級車でしたら、走行距離が多くてもそこそこの値段の査定が付きますが、それ以外で10万キロまでありますと値段が付くだけでもラッキーというケースもありますので、手放す時には走行距離も確認してから査定を受けてみて下さい。

 

 

>>>訳ありの車でも売れるネット一括査定はコチラ<<<